ダウンジャケットの洗濯方法!自宅で洗えるダウンとクリーニングに出すメリット

ダウンジャケット 洗濯方法 自宅で洗う時のコツ

ダウンジャケットを自宅で洗濯することはできるのでしょうか?

洗濯表示の”手洗いマーク”があれば可能です!

とくに価格がリーズナブルなものやスポーツブランド製のダウンジャケットは水で丸洗いできるものが多いです。

一部のブランドダウンも洗うことはできますが、自宅で洗うことは避けてクリーニング店に依頼をおすすめします。

モンクレールやカナダグースといったブランド品を自分で洗って失敗したとしても自己責任です。

ダウンジャケットの購入金額に応じて、自宅で洗うのかクリーニングに出すのが判断するのも良いと思います!

そこで今回は、ダウンジャケットを自宅で洗濯する方法や上手な乾かし方と、ブランドダウンジャケットにおすすめの宅配クリーニングやメリットについて紹介していきます。

ダウンジャケットをお手入れすることで洗濯回数を減らして長持ちさせることができます!
洗濯やお手入れに必要なおすすめグッズも一緒に紹介していますよ。

ダウンジャケットの寿命と素材

ダウンジャケット 素材と寿命
ダウンジャケットの寿命は使われている素材によって変わってきます。

生地やダウンの種類を確認しておきましょう!

ダウンジャケットの生地素材

ポリエステル 糸

ダウンジャケットの生地に使われている素材には「ナイロン、ポリエステル、レーヨン」といった化学繊維と、「ウール、カシミア、レザー」などの天然素材があります。

その他に使われている素材や組み合わせも様々です。

なかでもナイロンは生地が柔らかく加工もしやすいため、表生地と裏生地の両方にナイロン100%で作られるほど普及しています。

ナイロンはモンクレールなどのブランドダウンにも使われていますよ!

ダウンとフェザーの違い

ダウンジャケットの中わたには「ダウン」と「フェザー」の2種類があります。

ダウンとフェザーの違い
ダウンダウン(羽毛) タンポポの綿毛のように”ふわふわ”と芯がないもの。
※水鳥の胸に生えているもので陸鳥(ニワトリ)にはありません。
フェザーフェザー(羽根) 湾曲した羽軸があります。

引用:羽毛布団リフォームサービス

ダウンジャケットのほとんどは、「ダウン90%、フェザー10%」の割合で作られています。

中わたの90%を占めるダウンは”タンポポの綿毛”のようなにふわふわとした芯を持たず柔らかいもので、たっぷり空気を含んでいるので温かさを持続することができます。

フェザーには大きさの違う「ラージフェザー」と「スモールフェザー」があります。

ラージフェザーよりも弾力性に優れているスモールフェザーを使うことで、型崩れを防いで美しい膨らみあるシルエットを保つことができます。

水で丸洗いできる(水に強い)素材と寿命

水 水滴 ウォーター

ナイロンで作られた生地は水に強いため長持ちしますが、羽毛は水に弱くぬれると傷みやすい性質を持ちます。

生地とダウンそれぞれの性質が異なるので、「ダウンジャケットの寿命はどのくらい?」という問いに対して「ダウンジャケットは何年間もつ!」とは言い切れません。

吸水性が低くて水を弾く性質のポイエステルや、水に強いナイロンで表地や裏地を作っているダウンジャケットは比較的長持ちしやすい傾向にあります。

日常で着用するうえでは雨や雪の侵入を防ぐことができるので、羽毛が濡れることも少なく寿命も延びやすくなります。

吸水性の良いウール製のダウンジャケットには、撥加工や防水スプレーを施すことで水をはじいて長持ちさせることも可能です。

表地が化繊素材はダウンジャケットは、水からダウンを守りやすく長持ちしやすいです!

洗濯表示で洗えるダウンジャケットを確認

ダウンジャケット 洗濯表示 確認

ダウンジャケットを洗う前に必ず確認して欲しいのが洗濯表示です。

洗濯マーク洗濯 可能

安価なダウンジャケットには水洗い可能な製品が多いです。

例えば、ユニクロのウルトラライトダウンは値段も安く気軽に洗えるのでクリーニング代の節約にもなります!

洗濯マーク 洗濯 不可

高級ブランドのダウンジャケットに多く見られるのが”水洗い不可のマーク”です。

なかには水洗い対応品もありますが、失敗するリスクがあるためクリーニング店に依頼することをおすすめします。

ブランド品専門のクリーニング店なら”水洗い不可”のマークがあってもプロの技で水洗いをしてくれるので、気持ちの良い仕上がりを実感できますよ!

宅配クリーニングを見る

モンクレールやカナダグースのダウンジャケットは”リナビス”で受け付けてくれますよ!

高級衣類はクリーニング店へ!

高級ブランド衣類 宅配クリーニング
高級ブランド服やレザー皮革・毛皮の宅配クリーニングおすすめランキング!

この記事で分かる事! 高級ブランド衣類のクリーニングができるサービス 毛皮のクリーニングにおすすめのサービス レザージャケットのクリーニングにおすすめのサービス デリケート素材の詰め放題クリーニングと ...

ダウンジャケットの洗い方(洗濯機or手洗い)

ダウンジャケット 洗濯方法 洗濯機 手洗い

次にダウンジャケットの洗い方を説明していきます。

洗濯機で洗う方法と手洗いのポイントに分けて紹介していますが、どちらで洗う場合もフード付きのダウンジャケットは必ずフードを外して洗ってくださいね!

ダウンジャケットの汚れを落とす洗剤や柔軟剤などを用意

【準備するもの】を順にみていきましょう!

準備するもの

  • おしゃれ着用洗剤(中性洗剤)
  • 柔軟剤
  • 洗濯ネット
  • バスタオル
  • 洗濯桶(ソフトタブなど)
  • 幅広ハンガー

■ダウンジャケットを洗う洗剤は”おしゃれ着用洗剤”(中性洗剤)を使ってください。

■ダウンジャケットには柔軟剤を使うのもおすすめです!

【洗濯機】洗濯機で洗う場合は洗濯ネットを使用します。

【洗濯機】ダウンジャケットは洗濯槽の中で浮いてくるのでバスタオル包んで洗濯ネットに入れるのがおすすめです!
【手洗い】手洗いの場合も脱水するときに使います!

【手洗い】手洗いの場合は大きめの洗濯桶(折りたためるソフトタブ)があると便利です!

■ダウンジャケットを干す際には必要な幅広ハンガーも用意しておきましょう!

【洗濯機】ダウンジャケットを丸ごと水洗い

洗濯機 ダイアル コース設定

洗濯機で洗う手順とポイント

  1. ファスナーやボタンを全て止める
  2. フートがあるなら外す
  3. ダウンジャケットをバスタオルに包んで洗濯ネットに入れる
  4. フードも一緒の洗濯ネットに入れる
  5. 洗濯機を”デリケート洗い”に設定する(脱水は1分以内)
  6. 洗濯機に水(ぬるま湯)を溜める
  7. 中性洗剤を溶かし柔軟剤をセットしておく
  8. ダウンジャケットを入れて洗濯スタート!

洗濯機でダウンジャケットを洗う大まかな流れは上記の通りです。

ダウンジャケットの型崩れ防止のためにも、ボタンやファスナーは全て止めます。

フードがある場合は外して、ダウンジャケット入れる洗濯ネットに一緒に入れます。

この時ダウンジャケットをそのまま洗濯ネットに入れても水に浮かんでくるので、重しの役割と生地の保護を兼ねてバスタオルに包んでから洗濯ネットに入れます。

洗濯機は「ドライ」や「手洗いコース」などの優しく洗うコースに設定します。

先に水を溜めて中性洗剤を溶かしますが、できれば30度以下のぬるま湯を使うことをおすすめします。

ぬるま湯を使った方が汚れ落ちも良いです!

ですが30度以上のお湯を使うのは厳禁です! …羽根の脂を完全に落として痛みやすくなります。

水またはぬるま湯を溜めたら手でダウンジャケットを押しながら水になじませて、あとは洗濯機にお任せしましょう!

脱水は1分以内に止めておきます。

水を含んだダウンジャケットはぺったんこになりますが、過剰に脱水を行うのは避けましょう。

もう少し脱水をしたい場合は、ダウンが偏らないように手でほぐしながら、1分程度の脱水を2~3回に分けて繰り返してください。

おすすめの脱水方法としては、乾いたバスタオルに挟んで優しく水分を取っていく方法です。

【手洗い】ダウンジャケットを優しく洗う

蛇口 洗面台 浴室

手洗いの手順とポイント

  1. ファスナーやボタンを全て止める
  2. フートがあるなら外す
  3. 30度のぬるま湯を浴槽や洗面台または洗濯桶に溜める
  4. 中性洗剤をぬるま湯に溶かす
  5. ダウンジャケットをゆっくり優しく押し洗いしていく
  6. すすぎは水が綺麗になるまで行う
  7. 優しく押して軽く脱水する
  8. 乾いたバスタオルに包んで水分を取る

洗う前までの準備は洗濯機の時とあまり変わりませんが、ゆっくりと40~50回ほど優しく押し洗いをしていくのがポイントです!

すすぎは水が綺麗になるまで行っていきますが、2~3回繰り返せば綺麗になるはずです。

シャワーを使ってすすぐ方法もおすすめですよ!

脱水は浴槽などで優しく押して軽く水分を抜いた後、乾いたバスタオルに挟んで水分を取っていきます。

絞ったり握る脱水方法はNGです!

また、水気を飛ばそうとして振ったり叩くこともしないでくださいね。

ダウンジャケットの脱水時の注意点

洗濯機 洗濯槽

洗い方手順で簡単に説明しましたので、ここでは注意点やポイントをまとめておきます。

【洗濯機】

  • 洗濯機はデリケートモードに設定し、脱水時間は1分程度にする。
  • 脱水が足りないと感じたら、羽根が偏らないように手で整えながら1分程度の脱水を数回に分けて行う。

【手洗い】

  • 濡れた状態のダウンジャケットを絞ったり握ったりしない。
  • 振ったり叩く行為もNG。
  • バスタオルだけでは十分に水分が取れないので、脱水のみ洗濯機を使うのも良い!

ダウンジャケットの乾かし方~乾燥機は大丈夫?~

ダウンジャケット 乾かし方

ダウンジャケットの中まで確り乾かすにはどのような方法があるのか確認していきましょう。

ダウンジャケットの干し方

幅広ハンガー ブラック

まずはダウンジャケットの干し方です。

基本的にはハンガーにかけて干すことになりますが、型崩れさせないためには幅広ハンガーを使うのがおすすめです!

針金ハンガーだと水分を含んだダウンジャケットの重さに耐えられませんし、ハンガーが細いと肩の部分にハンガー跡が付いてしまいます。

肩部分が広い”スーツハンガー”などを使うようにしましょう。

自然乾燥ではダウンジャケットが完全に乾くまで2~3日間はかかります。
肩の部分に負担がかからない強度もあるハンガーを使ってくださいね!

天日干しはできる?

太陽光 青空

ダウンジャケットの天日干しはおすすめしません。

羽をしっかり乾かしたいですが、直射日光に当てると急速に水分が飛んで日の当たっている個所とそうでない箇所で乾きの差が出ます。

また、紫外線による色褪せも起きるので、風通しの良い日陰に2~3日間干して乾かす方法が理想的です!

値段が安く色褪せも気にしないのであれば天日干しも良いと思います。

ですが、直射日光に当てるのは短時間に止めておきましょう。

洗濯乾燥機は使っても良いの?

乾燥機 コインランドリー

ダウンジャケットに乾燥機は使わないでください!

ですが、自然乾燥でほとんど乾いた状態のダウンジャケットを仕上げとして乾燥機にかけるのはありです!

ダウンを”ふっくら”仕上げるのにも有効です!

長時間使うのは生地や羽を傷める恐れがあるので、5分程度ずつ様子を見ながらかけるようにしてください。

また、濡れた状態からかけるのは乾くまで長時間回さないといけませんし、ダウンジャケット全体に負担をかけてしまうので避けてください。

おすすめは浴室乾燥機能を使う!

バスルーム 浴室

個人的な意見になりますが、浴室乾燥機能を使うのが一番おすすめの乾燥方法と思います!

その理由は、自然乾燥は2~3日間干さないと乾きませんが、浴室乾燥ならその日中に乾かすことも可能です。

また、洗濯乾燥機はダウンジャケットを回しながら乾かすので生地に負担をかけてしまいますが、浴室乾燥ならダウンジャケットを静止した状態で乾かせて、温風によってダウンもふっくら仕上がります!

浴室乾燥を使うメリット!

  1. 自然乾燥より早く乾く
  2. 静止乾燥で生地を傷めない
  3. ダウンもふっくら仕上がる
温風直下にダウンジャケットをかけておけばより早く乾きます!
温風直下はハンガーが熱くなることもあるので、ちょこちょこ様子は見てくださいね。

ダウンジャケットを手入れして長持ちさせる!

ダウンジャケット お手入れ

日頃からダウンジャケットを手入れしておけば、ダウンを水に濡らすことも減り長持ちさせることができます。

防水スプレーを使う

ダウンジャケットの汚れ防止には防水スプレーを使うのがおすすめです!

防水スプレーは水を弾くだけでなく、水溶性の汚れなどが浸透するのも防いでくれます。

ダウンジャケットの中に水を通さないようにすることで、水からダウンを守って長持ちしやすくなります。

ヘンケルジャパン(Henkel Japan)

汚れをこまめに落とす

ダウンジャケットにホコリなどが付いたらブラッシングして落としてあげましょう。

ダウンジャケットにブラッシングと言ったら少し大げさかもしれませんが、表地がウールなどの天然素材でできている場合にはおすすめです!

ナイロン製なら軽く叩くだけでホコリは落ちますが、ウールなどはホコリを溜め込んでしまいます。

ブラッシングには上質なブラシを使うことで、生地を傷めずにホコリだけを綺麗に落すことができますよ!

汚れを溜めないことで虫食いも防ぐことができます。

撥水加工をクリーニング店に依頼する

ダウンジャケット 撥水加工 リネット

撥水加工画像: リネット

ダウンジャケットをクリーニングに出した際に「撥水加工」を施しておけば日頃の手入れもラクになります。

撥水加工は防水加工とは少し違って、”水をはじく”効果を強く得られます。

撥水加工は通気性を保つことができるので、ダウンジャケットのような衣類におすすめです。

防水加工 撥水加工
生地の特徴 素材自体が加工され場合が多い 生地の表面にコーデイングを施す
メリット ・水を防ぐ力が強い
・効果が長く持続する
・通気性が保たれ蒸れにくい
・手軽に効果を得られる
デメリット ・通気性が悪く蒸れやすい
・蒸れにくい防水加工もあるが値段が高い
・徐々に効果が薄れていく
・水を防ぐ力は弱い
加工向け製品 ・レインコート(カッパ)
・登山用リュック
・テント など
・スノーウェア
・コート
・ダウンジャケット など

市販のスプレーには「防水&撥水」のように効果を交えて販売されている商品もあります。

市販のスプレーを使う場合、自分では全体にスプレーしたつもりでも満足いくほど効果を実感できないこともあります。

クリーニング店で行う撥水加工は衣類全体にムラなく加工を施せるので安心です。

オプションで申し込めるので、アウター類をクリーニングに出した際は一緒に加工してもらうのがおすすめです!

個人的に自宅洗いするのはユニクロのダウンジャケット

ダウンジャケット

値段の安いユニクロのダウンジャケットは、高級ブランドダウンに比べて気軽に洗うことができます!

中綿は「ダウン90%、フェザー10%」の比率で入っていますが、洗濯機を使って普通に洗っています。

ユニクロ製品は生地が丈夫に作られているので、あまり気を遣わずに扱うことができます。

理想は手洗いをしたいですが毎回時間を割くわけにもいきません。

洗濯機で洗うといっても、薄手のウルトラライトダウンや1万円以下のダウンジャケットに限っています。

1万円を超えるロングコートタイプはクリーニングに出しています。

私のように購入した金額に応じてクリーニングに出すのか判断しするのも良いと思います!

ブランドダウンを自宅洗いして失敗したとしても自己責任です。
高級品は無理に洗わずクリーニングに出すようにしましょう!

【ユニクロダウン】の洗い方はこちら

ユニクロ ウルトラライトダウン ダウン 洗い方
ウルトラライトダウンを自宅で洗濯!ユニクロダウンの洗い方をサイズごとに解説

皆さんはユニクロ「ウルトラライトダウン」の洗濯をどのようにしていますか? ”ダウン”だからクリーニングに出している人も居ると思います。 でもちょっと待ってください! ウルトラライトダウンの通常価格は4 ...

おすすめの宅配クリーニング!~ダウンジャケット丸洗いも安心~

ダウンジャケット 宅配クリーニング

ダウンジャケットは自宅で洗うことができますが、それなりに時間と手間がかかります。

クリーニングに出せば様々なメリットがあるうえに失敗する心配がありません!

ここでは家族分のダウンジャケットなど冬物アウターのまとめ洗いや、高級ブランド衣類におすすめの宅配クリーニングを紹介しています。

クリーニングに出すメリット!

  • 自分で洗う手間がかからない
  • 自分で洗うような失敗がない
  • 保証制度があるから安心
  • 再仕上げの依頼も可能
  • プロの技で隅々まで綺麗になる
  • 専用乾燥でふわふわの仕上がり
  • オプションで撥水加工なども施せる
  • 保管サービスで自宅クローゼットがスッキリ

ダウンジャケットのまとめ洗いにおすすめ!

リナビス ロゴ

ダウンジャケットのまとめ洗いにおすすめなのがリナビスです!

しかも、モンクレールなどのブランドダウンジャケットもパック料金内で一緒に出すことができてお得です。

パックコースは、5点、10点、20点で申し込めるので、一人分から家族みんなの衣類をまとめてクリーニングできます。

お得なパック料金

  • 5点コース 7,750円
  • 10点コース 10,700円
  • 20点コース 18,600円
冬物におすすめで、9ヵ月間の保管サービスが無料で付いています!
リナビスの保管付き宅配クリーニングの料金と口コミ評判を紹介!布団や皮革ブランド品も丸ごと洗える

リナビスは品質に特化した宅配クリーニングサービスです。 創業56年の確かな技術とクリーニング歴40年以上の職人達の”おせっかい”で高品質なクリーニングが魅力です! リナビスの衣類クリーニングは最大12 ...

高級ブランドのダウンジャケットクリーニングに!

キレイナ ロゴ

高級ブランド品のクリーニングを得意としているのがキレイナです。

キレイナは一品ずつカルテを作る”オーダークリーニング”が可能なサービスです!

モンクレールやカナダグースのブランドダウンジャケットなども水洗いで仕上げてくれます。

料金は1着ごとに7,000円かかりますが、10万円を超えるほどの高級ブランド品のクリーニングも安心して任せることができます!

モンクレールなどを自分で洗うのは避けたいですが、キレイナに出すには料金が高くつきます。
ですので、キレイナは購入金額が5万もしくは10万円以上するダウンジャケットのクリーニングにおすすめです!
キレイナ 高級ブランド衣類クリーニング
キレイナ(KILEINA)宅配クリーニングの口コミ評判!高級ブランド品のメンテナンスにおすすめ

高級ブランド衣類のクリーニングは”キレイナ”にお任せしましょう! 長年愛用したレザー衣類やコート、バッグやドレスなどのメンテナンスにもおすすめです。 料金は一般的なクリーニング店と比べると高くて仕上が ...

まとめ

ダウンジャケットを自宅で洗う方法とおすすめの宅配クリーニングを紹介してきました。

自宅洗いが可能なダウンジャケットでも、洗いすぎると羽を傷めてしまうことがあります。

日頃から手入れをすることで洗濯する回数を減らして、ダウンジャケットを長持ちさせることができます。

値段の安いダウンジャケットなら、洗濯機で洗うことや買い替えにもあまり気を遣うことはありません。

しかし、1万円を超えるモノや5円以上のブランドダウンの自宅洗いは避けてクリーニングに出すようにしましょう!

安易な気持ちで洗って失敗したとしても自己責任です。

購入金額に応じて自宅洗いするのかクリーニングに出すのか選別するのも良い方法です!

クリーニングに出した際は「撥水加工」を施すのもポイントです。

撥水加工の効果で羽が濡れることを防いで、ふわふわで柔らかいダウンを維持できます。

ダウンジャケットの乾燥には浴室乾燥機能を使うのがおすすめです!

浴室乾燥なら衣類を静止乾燥するので生地や羽を傷めずにダウンもしっかり乾かすことができますよ。

ダウンジャケットは自宅洗いも可能ですが、自信がない人はクリーニング店に依頼してくださいね!

関連おすすめ記事

宅配クリーニング比較ランキング
宅配クリーニング20社を徹底比較!おすすめ総合ランキング

宅配クリーニング選びのコンシェルジュ『宅クリコンシェル』あなたに最適な宅配クリーニングが見つかる! 宅配クリーニングおすすめ20社を徹底比較!実際に使ってみておすすめの宅配クリーニングサービスを紹介し ...

高級ブランド衣類 宅配クリーニング
高級ブランド服やレザー皮革・毛皮の宅配クリーニングおすすめランキング!

この記事で分かる事! 高級ブランド衣類のクリーニングができるサービス 毛皮のクリーニングにおすすめのサービス レザージャケットのクリーニングにおすすめのサービス デリケート素材の詰め放題クリーニングと ...

Copyright© 宅クリコンシェル , 2019 All Rights Reserved.