セーターの上手な洗濯方法!【洗い方・干し方・たたみ方・お手入れ】全部まとめて解説

セーター 上手な洗い方 縮む素材はクリーニングへ

どんなセーターでも家庭で洗うことができればクリーニング代の節約になりますよね!

セーターの素材を気にせずに洗濯機で洗うことはNGですが、”手洗いマーク”があれば洗濯機を使って洗うことも可能です!

ですが、洗濯機の「デリケートコース」や「ドライマーク専用洗剤」など使っても洗いすぎはセーターの縮みの原因になります。

この記事では洗濯からお手入れまで、家庭で失敗しないようにセーターを洗う方法を紹介していますが、”高級素材が使われているセーター”や”お気に入りのお出かけ用セーター”などは無理をせずクリーニングに出すこともおすすめです!

気軽に洗ってセーターが縮んでしまったら大変ですからね。

それでは、セーターの上手な洗い方や乾かし方、お手入れ方法や保管に便利なグッズなども一緒に紹介していきます。

セーターに使われている”素材の特徴”も解説しているので、家庭で洗うかクリーニングに出すかの判断に役立ててください!

すぐに洗い方を確認する!

セーターの種類や素材の特徴

セーター 素材の種類と特徴

セーターに使われている素材とその特徴を知っていれば自宅で洗う時に気を付けることができます。

セーターを縮ませることなく洗えるように確認していきましょう!

メリット デメリット
【天然素材】
ウール
(羊の毛)
・弾力性に優れている
・シワになりにくい
・撥水性がある
・保湿性、吸湿性に優れている
・虫がつきやすい
・毛玉になりやすい
・縮みやすい
カシミア
(カシミア山羊の毛)
・やわらかく肌触りが良い
・軽い
・上品な光沢感がある
・繊維が細かく肌刺激が少ない
・弾力性があり型崩れしにくい
・保温性、保湿性に優れている
・高級感があり機能性に優れた素材
・虫がつきやすい
・水に弱い
・繊細のため手入れが必要
アルパカ
(アルパカの毛)
・やわらかく肌触りが良い
・保温性、保湿力に優れている
・とても軽い
・毛玉ができにくく丈夫
・縮みやすい
アンゴラ
(アンゴラ山羊の毛)
・肌触りが良い
・保湿性、吸湿性に優れている
・ウールの3倍の温かさがある
・蒸れにくい
・虫がつきやすい
綿(コットン) ・肌触りが良い
・保温性に優れている
・吸水性が高い
・縮みやすい
・毛羽立ちしやすい
【化学繊維】
アクリル
・肌触りが良い
・保温性がある
・縮みにくい
・軽い
・紫外線に強く丈夫
・吸水性、吸湿性が低い
・静電気が起こりやすい
・毛玉になりやすい

セーターには天然素材の「ウール、カシミア、アルパカ、アンゴラ、綿」と、化学繊維の「アクリル」が使われています。

セーターを洗ったら縮んでしまった…。

このようなことが起こりやすいは、天然素材の「ウール、アルパカ、綿」です。

化学繊維の「アクリル」は洗っても縮みにくいので、あまり気を遣うことなく自宅で洗うことができます。

ですが、化繊と天然素材が混合している場合は縮むことがあるので、洗い方や干し方に気を付けないといけません。

セーターの洗い方も重要ですが、セーターが伸びてしまう原因の一つは洗った後の干し方です。
洗う時は”縮み”、干すときは”伸び”に気を付けましょう!

セーターが縮む原因と生地の寿命

セーター 縮む原因 寿命

セーターの縮み

洗うと縮みやすいセーターの素材には、「ウール」「アルパカ」「綿」の3種類があります。

生地や繊維が縮む原因には、洗濯したときに【フェルト収縮】という現象が起こるからです。

また、水に弱い「カシミア」にも同じことが言えます。

動物毛のウールやアルパカも人の髪のキューティクルのような構造で、水に濡れると水分を閉じ込めようとして繊維が締まります。

一旦引き締まった繊維が乾くにつれてキューティクルを開こうとしますが、繊維が絡み合って開きれない状態になります。

キューティクルが通常の形に戻れていない状態で乾くこと縮んだ状態になってしまうのです。

一度縮んでしまったセーター(繊維)を元の大きさに戻すのは相当の手間がかかります。

セーターの洗い方を間違えると、たった一回洗濯しただけで二度と着ることができないセーターになってしまいます。

セーターの寿命

化繊のアクリルでできたセーターはあまり気を遣わず洗うことができて、寿命も比較的長いですし安価なため買い替えも容易です。

ウールやカシミヤなどの天然素材は扱いに気を付けて時々手入れをする必要があります。

保管する際には防虫剤を入れるなどして、虫食いを防ぐことで長持ちさせることができます。

洗えるセーターの洗濯表示を確認!

セーター 洗濯表示確認

洗濯表示を確認して適切な方法でセーターを洗いましょう!

家庭で洗える

洗濯マーク洗濯 可能

■左のマークは”洗濯機”を使って洗うことができます。

30と数字がある場合「水温30℃を限度に洗濯機で洗える」指示マークです。

■右のマークは”手洗い”なら家庭でも洗うことができます。

アクリル100%など化繊でできているセーターに多いマークです。

セーター 洗濯マーク 手洗い アクリル

家庭で洗えない

洗濯マーク 洗濯 不可

このマークがある場合は家庭では洗えません。そのほかの表示を見てクリーニングに出すようにしてください。

無理に自宅で洗ってしまうとセーターが縮んで元に戻せなくなります。

下画像のように、アクリルと毛の混合の場合でも”洗濯不可”とされることが多いです。

セーター 洗濯マーク アクリル 毛 混合

セーターを洗濯する前には必ず洗濯表示を確認して、無理な場合はクリーニングに出しましょう!

セーターを洗う前の準備(洗濯洗剤や平干しネット)

セーター 洗う前の準備

セーターを洗う前に準備しておくと便利なグッズと、セーター向けの洗剤などを確認しておきましょう!

準備するもの

  • おしゃれ着用洗剤(中性洗剤)
  • 柔軟剤
  • 洗濯ネット
  • バスタオル
  • 洗濯桶(ソフトタブなど)
  • 平干ネット

■セーターを洗う洗剤は”おしゃれ着用洗剤”(中性洗剤)を使ってください。

■セーターには柔軟剤を使うのもおすすめです!

【洗濯機】洗濯機で洗う場合は洗濯ネットを使用します。

【手洗い】手洗い工程の脱水に使います!

【手洗い】手洗いの場合は洗濯桶(折りたためるソフトタブ)があると便利です!

■セーターはなるべく平に干したいので、平干しネットがあると便利です!
※平干しネットが準備できない場合はハンガーを2本以上用意してください。
※幅の広いタオルハンガーでも大丈夫です!

セーターを自宅で洗濯する方法!(洗濯機or手洗い)

セーター 洗濯方法

セーターを洗濯機で洗う方法と手洗いする方法に分けて解説していきます。

洗濯機でセーターを洗う

洗濯機 ダイアル コース設定

洗濯機で洗う手順とポイント

  1. セーターを裏返しにして畳んで洗濯ネットに入れる
  2. 洗濯機のコースを「手洗い・ドライ」などのデリケートコースに設定
  3. 洗濯槽に水を貼り中性洗剤を溶かす(30度のぬるま湯が理想)
  4. 柔軟剤もセットする
  5. 脱水時間は1分程度に止めておく

セーターは裏返しにして洗うのがおすすめです!

洗濯ネットに入れても表面が擦れることで毛玉ができやすくなります。

セーターを洗濯ネットに入れる際には綺麗に畳んで入れましょう。

洗濯ネットは畳んだセーターがキッチリ入るサイズが良いです!

洗濯機のコースはデリケートコースに設定して、できれば30度のぬるま湯を溜めてください。

ウールは冷たい水に弱いので繊維を傷めたり縮む原因になります。

また、ウールや化繊も40度以上の高温が苦手なので必ずぬるま湯で洗ってくださいね!

洗濯槽にぬるま湯を溜めたら中性洗剤を溶かして、柔軟剤もセットしたら洗濯スタートです!

すすぎのときに柔軟剤を使うことで、ふんわりと仕上がりやすく静電気を抑える効果も期待できます。

脱水は30秒から1分程度に止めて、状態を見てから少しづつ脱水を追加してください。

セーターの干し方などはこの後で詳しく紹介していますが、ウールや化繊も40度以上の高温が苦手なので乾燥機にかけるのは避けてくださいね!

セーターを手洗いする

蛇口 洗面台 浴室

手洗いの手順とポイント

  1. 洗濯桶”洗濯タブ”などに洗剤水を作る(30度のぬるま湯)
  2. セーターを裏返してやさしく押し洗いする
  3. 洗濯桶に綺麗なぬるま湯を加えてすすぐ
  4. すすぐ際に柔軟剤を入れる
  5. ぬるま湯が綺麗になるまですすいで軽く押して水分を抜く
  6. バスタオルにセーターを移して挟むようにして脱水する

手洗いもセーターを裏返して行います。

洗濯桶にぬるま湯と中性洗剤で洗剤液を作り、擦らないようにしてセーターをやさしく押し洗いします。

何度か押し洗いを繰り返したら、セーターを半分に折って軽く押すようにして絞ります。

綺麗なぬるま湯に入れ替えて、セーターを上下に押したり浮かすようにしてすすぎます。

2~3回すすぎを行う最後に柔軟剤を入れて仕上げのすすぎを行います。

セーターを押すようにして絞ったら、バスタオルに移して水分を取っていきます。

洗う工程は手洗いですが、脱水時のみ洗濯機を使うのも良い方法です!

洗濯機で脱水するときは必ず洗濯ネットに入れてくださいね!

セーターの干し方・乾かし方

セーター 干し方 乾かし方

セーターは干し方や乾かし方も重要です!

Tシャツのようなハンガー干しはNGです! セーターが伸びてしまします…。

セーターに優しい干し方や便利グッズを紹介していきますね!

理想の乾かし方は”平干しネットを使った風通しの良い日陰”です

平干しでセーターを伸ばさず干す!

平干しネット セーター 3段 物干し ハンガー 折りたたみ セーター干し 洗濯 メッシュ ニット 型崩れ防止 ぬいぐるみ 室内干し

https://item.rakuten.co.jp/linofle/ly-0226/
【楽天市場 株式会社リノフリート】

平干しネットを使って干すのが一番良い方法です!

セーターを平にして干すことで、繊維が伸びず形を整えながら乾かすことができます。

平干しネットのサイズや種類も様々あるので、どれか一つでもあると便利ですよ!

ハンガーを使ってセーターを干す方法

セーターをハンガーで干す場合は掛け方がポイントになってきます!

ただ普通に掛けるだけだとセーターが伸びてします。

下の写真のように、セーターを半分に折るようにして干すと生地も伸びにくくしっかり乾かすことができます。

■ハンガーの干し方①
セーター ハンガー干し

■ハンガーの干し方②
セーター ハンガー干し 袖掛け

幅が広いハンガーを使うと干しやすいです!
上部に滑り止め加工をしてあるハンガーなら、袖が滑り落ちる心配もありません。
撮影時は普通の木製ハンガーしかありませんでした…。
滑らないハンガー

セーターを乾燥機にかけるのはNG?

乾燥機 コインランドリー

セーターを乾燥機で乾かすのはNGです!

洗濯するときのお湯の温度で説明したようにウールや化繊も40度以上の熱に弱いです。

乾燥機は庫内が高温になるうえ、衣類が完全に乾くまで1時間以上回し続けないといけません。

もしセーターを乾燥機にかけたら、熱による生地の痛みと庫内でぐるぐる回される摩擦によって毛玉ができやすくなります。

フェルト化で縮みや型崩れも起こしてしまいます。

天日干し(直射日光)は良いの?

太陽光 青空

天日干し(直射日光)に当てて乾かすのは避けてください。

セーターは風通しの良い場所で平干しするのが一番のおすすめです!

最終仕上げとして短時間のみ日光に当てるのは良いですが、濡れた状態から直射日光に当てて乾かすのはNGです。

直射日光による熱で急速に水分が失われるので型崩れしやすく、紫外線によって色褪せてしまいます。

天日干しは、あまりセーターが濡れていない状態で短時間のみにしましょう!

セーターにアイロンをかけるコツ

セーター アイロンがけ

セーターにアイロンをかける? …あまり聞きませんよね。

上手な掛け方を知っておけば”セーターの困りごと”を解消できますよ!

アイロンで解消!

  • シワ
  • 伸び
  • 縮み

アイロンを使いこなせば、セーターにできたシワや伸びや縮みもある程度戻すことが可能です!

ですが、アイロンの熱と掛け方に注意しなければいけません。

アイロンをかけるというよりも、スチーム(蒸気)を使うイメージです。

ウールや化繊も熱に弱いので、アイロンを直接に当ててしまうと繊維がつぶれて「ツルツル&テカテカ」になってしまいます。

セーターへのアイロンがけは【浮かせる】、温かい【スチームをふくませる】のがコツです!

スチームを十分吸わせて乾かせば、ふっくらとシワが取れて元通りになります。

伸びや縮みから完全に復元することは難しいですが、セーター全体にスチームをまくことである程度元に戻すことができます。

スチームの当て方

生地からアイロンを1㎝ほど離してセーター全体にスチームをかけた後、シワの部分には10秒ほどかけて十分蒸気を吸わせましょう!

含んだ蒸気を完全に乾かして、形が戻れば完了です!

スチームはセーター全体に掛けておくのもポイントですよ!

セーターのたたみ方~保管と収納~

セーター たたみ方 保管と収納

型崩れを防ぐためにも”セーターはたたんで収納”しましょう!

セーターの上手なたたみ方と保管時に気を付けることをまとめてみていきましょう。

セーターの上手なたたみ方

胸元にシワが付いたり、折りたたみシワを防ぐ手順です。

①セーターの背中を上にして肩の部分を折る。
セーターたたみ方 背中を上

②身幅に添わせて袖を折り戻す。
セーターたたみ方 身幅 袖折り込み

③反対側も同じように折る。
セーターたたみ方 反対側 袖折り込み

④全体を半分に折り返して完成! 
セーターたたみ方 半分折り 完成

厚手のセーターならこの状態で収納してOKです!
薄手のセーターのシワ対策には下記を参考にしてくださいね。

■薄手のセーターはタオルを挟むとシワができにくくなります。
※色移りしないタオルを挟んでください。
セーターたたみ方 タオルを挟む

■③→④のときに三つ折りにするのもおすすめです!
セーターたたみ方 三つ折り

三つ折りならタオルを使わなくてもシワができにくくなりますよ!

セーターの保管と収納方法

セーター 保管と収納

セーターを綺麗にたたんだら大切に保管しましょう!

厚手のセーターは引き出しに立てて収納するのがおすすめです!

保管のポイント!

  • 詰めない
  • 重ねない
  • 湿気を溜めない
  • 虫食い予防をする

薄手のセーターでも、なるべく重ねないようにしましょう。

重ねて保管する場合は、弾力性のある化繊のセーターを下にして湿気に弱い天然素材は上するといいですよ。

その他にも保管時に気を付けるポイントを確認していきましょう!

虫食いを防止!防虫剤を忘れずに入れる!

ウールなどの天然素材でできたセーターは虫食い率が高いです。

防虫剤は忘れずに入れておきましょう!

また、除湿剤や乾燥材を入れて湿気を防ぐことでセーターを長持ちさせることができます。

セーターは圧縮袋に入れても良いの?

化学繊維でしっかり編み込まれた厚手のセーター(ニット)なら圧縮袋に入れても問題ありません!

化繊のセーターは弾力性に富んでいるのであまり心配はいりませんが、天然素材のセーターを圧縮すると弾力が失われやすいです。

洗い直せばふわふわ感も戻りますが手間がかかります。

いつも洗い直して着る人や、ふわふわ感もそこまでこだわらない問題ないですね!

収納ケースに入れる

セーターはかさばるので収納ケースに分けて保管するのも良いですね! 家族みんなが着るなら尚更です。

収納ケースはホームセンターなど売っていますが半透明のものが多いですよね。

収納ケースに衣類を入れた後、日差しが入らない部屋や押し入れにしまうなら問題ないですが、物置と化した部屋にそのまま置くなんてことは避けてくださいね!

半透明ケースだと、日差しや蛍光灯の紫外線でおしゃれ着としているセーターが色褪る恐れがあります。

セーターに限らず衣類全般に言えることです!

紫外線から衣類を守るには、不透明なブラックの収納ケースを使うのもおすすめですよ!

見た目がちょっとアレですが…色合いは確実に守れます!
衣装ケース・収納ケース【黒】

お手入れでセーターを長持ちさせる!

セーター お手入れ方法

大切なセーターを着た後はお手入れをして長持ちさせましょう!

セーターを着た後は?

  • ブラッシングをする
  • 一日着たら数日休ませる
  • 脱いですぐに収納しない
  • シミや汚れを細目に取る
  • 毛玉を取る

セーターを着たらすぐに収納せずに風通しの良い場所にかけて湿気を飛ばしましょう!

またブラッシングをして汚れを払うと同時に、絡まりかけた繊維をほぐすことで毛玉もできにくくなります。

繊維を長持ちさせるのは、一日着たら数日休ませてあげるのも良い方法です。

毎日連続して着ると、カバンなどと擦れたり汚れが溜まったりして繊維が傷んで毛玉もできやすくなります。

シミなどが付いたらすぐに取るべきですが、カシミヤやアンゴラなどはクローニングに出すようにしましょう。

化繊なら比較的簡単に汚れも取れますし、気軽に丸洗いもできるので洗濯するのが良いですね!

毛玉とりで見た目も美しく!

毛玉だらけのセーターは見た目も美しくないですよね。

一つ一つ摘まんで毛玉を取るのは面倒なので便利グッズを使いましょう!

ブラシで整える

ブラッシングには上質な【馬毛(天然毛)】でできているブラシがおすすめです!

また、ブラッシングしやすい”サイズ”もポイントになります。

植毛の密度が高いブラシなら汚れを落としやすく、繊維を整えるのにも向いています。

ブラシを選ぶポイント!

  • 馬毛(天然毛)製品
  • 自分の手に合うサイズ(持ちやすさ)
  • 植毛密度が高い

セーターのほつれ・穴あき・破れを直すには?

セーターがほつれてしまったら絶対に引っ張ったりしないことです。

ほつれ直し対応のクリーニング店に依頼してください。ほつれを綺麗にに直すには編み物の技術が必要です。

穴あきや破れは キレイナ が対応してくれます。

もし自分で頑張って直すなら「ほつれ修正針」を使ってくださいね!

クロバー(Clover)

セーターのクリーニング料金は?毛玉は取れる?

セーター クリーニング料金

セーターのクリーニング代の平均相場

スーツ クリーニング ラック

セーターのクリーニング料金相場は300円~600円です。

地域やクリーニング店によって料金は異なりますが、デリケート素材(カシミヤ)などは追加料金が必要になることもあります。

また、セーターの編み方によっても料金が変わることもあります。

一般的なセーターであれば通常コースで十分ですが、高級素材を使ったブランドのセーターは”上質仕上げコース”があるお店に依頼するのがおすすめです。

通常コースでも綺麗になりますが、防虫加工やコーティング加工がセットになっていれば尚良いですね!

大切なセーターこそクリーニングに出して長持ちさせましょう!

私は化繊は自宅で洗って、天然素材は必ずクリーニングに出すようにしています。

クリーニングに出せば毛玉を取ってくれる?

セーター 網目

クリーニング店にセーターを出す際に気になるのが面倒な毛玉の処理です。

クリーニングに出せば必ず毛玉取りをしてくれるとは限りません。

無料で行ってくれるお店もあれば有料サービスのところもあります。

無料で毛玉取りをしてくれるおすすめのクリーニング店は リナビス です。

パック料金でまとめてクリーニングできますし、毛玉を綺麗に取ってくれるので助かります。

その他に”ボタンの修理”も無料で行ってくれますよ!

次の項目で”用途に合わせたおすすめの宅配クリーニング”を紹介していきますね!

セーターのクリーニングにおすすめ!~宅配クリーニング~

セーター 宅配クリーニング おすすめ

セーターをクリーニングに出す際の”用途別おすすめ宅配クリーニング”を紹介します。

セーターや冬物のまとめ洗いや、高級セータークリーニングの参考にしてください。

【リナビス】保管&毛玉取り付きでまとめ洗いもお得!

リナビス ロゴ

リナビスはパック料金制で、セーターや冬物のまとめ洗いにおすすめのサービスです!

気になる毛玉取りは無料で行ってくれます!

しかも、9ヵ月間の保管サービスも付いているので、自宅のクローゼットをスッキリ整理することができます!

コースは5点、10点、20点があるので、一人分から家族みんなの衣類をまとめてクリーニングできます。

お得なパック料金

  • 3点コース 4,920円
  • 5点コース 7,750円
  • 10点コース 10,700円
  • 20点コース 18,600円
面倒な毛玉取りも無料で行ってくれるのは助かりますね!!
\毛玉取り無料&保管付き!/
リナビスの保管付き宅配クリーニングの料金と口コミ評判を紹介!布団や皮革ブランド品も丸ごと洗える

リナビスは品質に特化した宅配クリーニングサービスです。 創業56年の確かな技術とクリーニング歴40年以上の職人達の”おせっかい”で高品質なクリーニングが魅力です! リナビスの衣類クリーニングは最大9ヵ ...

【リネット】初回割引50%OFFでどこよりも安い!

リネット ロゴ

リネットは初回全品50%OFFでお得に利用できる、単品申し込み制の宅配クリーニングです。

セーターは通常コースとデラックス仕上げを選ぶことができます。

デラックス仕上げ(プレミアム仕上げ)は手仕上げの上級コースで、毛玉取りも無料で行ってくれます。

デリケート素材(カシミヤ、シルク、合皮、麻など)が30%以上含まれていると追加で200円かかりますが、トータルのクリーニング料金としては格安です。

セーターの料金

  • 基本料金・・・590円
  • デラックス仕上げ・・・1,290円
  • デリケート素材・・・上記料金に追加200円
  • 送料・・・プレミアム会員は3,000円以上の利用で無料
\初回全品50%OFF!/
リネット 個別記事 TOP2-1000
リネット(Lenet)宅配クリーニングの料金と口コミ評判を紹介!布団や靴のクリーニングも可能

リネットはアパレルブランドにも選ばれる人気の宅配クリーニングです。 全国どこでも宅配可能で、便利な時間帯集配サービスが充実いています。 また、一流アパレルブランドも認める品質ありながら、初回全品55% ...

【キレイナ】高級ブランド衣類におすすめ!

キレイナ ロゴ

高級ブランド品のクリーニングを得意としているのがキレイナです。

キレイナは一品ずつカルテを作る”オーダークリーニング”が可能なサービスです!

セーターやニット類は通常2,800円のクリーニング料金が掛かりますが、デリケート素材でできた高級ブランドセーターも安心して預けることができます。

普段着で使うセーターを預けるには割高なので、購入金額が3万円や5万円もしくは、10万円を超えるブランドセーターのクリーニングに利用してください!

\高級セーターのクリーニングに!/
キレイナ 高級ブランド衣類クリーニング
キレイナ(KILEINA)宅配クリーニングの口コミ評判!高級ブランド品のメンテナンスにおすすめ

高級ブランド衣類のクリーニングは”キレイナ”にお任せしましょう! 長年愛用したレザー衣類やコート、バッグやドレスなどのメンテナンスにもおすすめです。 料金は一般的なクリーニング店と比べると高くて仕上が ...

まとめ

セーターの洗い方やお手れ方法などまとめて紹介してきました。

化学繊維でできたセーターなら気を遣わずに自宅で洗濯できます。

天然素材のセーターはデリケートなのでクリーニングに出すことをおすすめします。

自宅で洗う場合は必ず手洗いで行い、お湯の温度や脱水時間から干し方に十分気を付けてください。

普段着、おしゃれ着、お気に入りの高級セーターなどに分けて、自宅で洗うのかクリーニングに出すか判断するのもおすすめです。

縮んだセーターを復元するのは困難なので必ず洗濯表示を確認して洗ってください。

セーターを着た後はブラッシングなどお手入れをすることで、いつもきれいな状態で長持ちさせることができます!

家族みんなのセーターを洗う場合は、便利な宅配クリーニングも利用してみてくださいね。

保管のできる宅配クリーニング 宅クリコンシェル
保管のできる宅配クリーニングを徹底比較!おすすめランキングを紹介!

この記事で分かる事! 保管サービスのメリットとデメリット 安くて使い勝手の良い【衣類・布団】おすすめサービスランキング ブランド衣類のクリーニングと保管におすすめのサービス 衣類と布団のどちらも保管が ...

高級ブランド衣類 宅配クリーニング
高級ブランド服やレザー皮革・毛皮の宅配クリーニングおすすめランキング!

この記事で分かる事! 高級ブランド衣類のクリーニングができるサービス 毛皮のクリーニングにおすすめのサービス レザージャケットのクリーニングにおすすめのサービス デリケート素材の詰め放題クリーニングと ...

Copyright© 宅クリコンシェル , 2019 All Rights Reserved.